大好きなものを辞めるのはとても大変なことです

友達が「禁煙したい」と言い出しました。
喫煙歴15年ほどらしいのですが、たばこの値上がりや、喫煙場所の確保などの理由で禁煙したいそうです。

確かに、ファミレスやファーストフードやテーマパークでも「喫煙場所」が限られていて、そこでたくさんの人がたばこを吸っているのを目にします。
ひと箱500円以上もするたばこも珍しくなく、一日に2箱吸う友人にとってはかなり痛い出費のようです。

禁煙を自分の意志だけで行うのはとても辛いようです。
習慣化されてしまっているので、無意識のうちにたばこを手に持っていたり、我慢しててもイライラしてきてストレスが溜まってくるそうです。
電子タバコや、ニコレットなども試したそうですが、どうもうまくいかないそうです。

でも、禁煙を成功させたい彼は、病院の「禁煙外来」に通うようになりました。
専用の薬を処方してもらい、健診のたびに手帳に体内のニコチン量を記入します。
ニコチン量が数字として目に見えてくると、やる気も出てくるようで、頑張って通院しています。

大好きなものを辞めるのはとても大変なことです