久しぶりに更新されていたブログやローマ史の本を読んで過ごす

昨日の午後、ここ数ヶ月更新されていなかったブログをチェックすると4本くらい記事が更新されていて嬉しく思いました。
さっそく読んでみると最近のはてなのサービスに関連した殺人事件のことが論じられていたり、ブロガーとは何かという語りも興味深くてそれらを読むのにかなり時間を使ってしまいます。
しかし、そのブログで私が特に面白いと思っていた話題は国際情勢のことなので、最近の北朝鮮とアメリカ関連の記事も読みたかったのですがそれはなくてすこしがっかりしました。
もちろん無料で読ませてもらっているのであれこれ言う資格はありません。
ゆっくりその手の話題が出てくることを待つことにします。
それからローマ史の本を読んだのですが、軍人皇帝の時代が終わると次はキリスト教徒への迫害や東西分裂が問題になってきました。
私にとってローマと言えばやはりカエサル以降から五賢帝の時代をイメージするので、そこらの話題はもう噛んで味がなくなったガムみたいな印象であまり面白いとは思いません。
でもローマが完全に東西に分かれてからどうやって滅んだかは分からないのでそこに興味はあります。http://www.losangler.net/

久しぶりに更新されていたブログやローマ史の本を読んで過ごす